NEWVILLAGE & PROJECTS

※Airbnbサイトより転写

※Airbnbサイトより転写

2015年の訪日外国人旅行客数が1,974万人に達した事を受けまして、
日本政府は2020年の訪日外国人旅行客数を2倍にあたる4,000万人に
増やす新しい目標を立てました。
しかし、現実的には今でも宿泊施設の不足問題があり、
経済活動の妨げになっていると言わざるおえない状況です。
この状況を打破する受け皿として注目されているのが、
幾つか存在する民泊仲介サイトです。
民泊の問題点としては、
騒音や治安などの近隣トラブルなどが懸念されています。
ここで、民泊サイト最大手のAirbnbによる対策の一つを紹介します。
今までですと、宿泊客が宿泊施設を評価するのが一般的でしたが、
Airbnbは宿泊施設側も宿泊客を評価する仕組みが組み込まれております。
相互で評価しあうことにより秩序が保てる仕組みなのです。
すなわち評価の悪い個人は、宿泊のリクエストが来た時点で断ることが出来るのです。
更に経済効果も期待され、新経済団体によると、
日本で民泊が解禁された場合の経済効果は約10兆円、
年間で約120万戸の空き家解消となり、
約2,500万人の外国人受け入れになると試算しております。
ようやく政府機関も重い腰を上げ、民泊提供者は届け出義務、年間の営業日数の丈典設定(180日以下)、
住居専用地域での民泊設置可能の規制緩和など、
民泊新法案や旅館業法改正案の年度内国会提出を目指す方向となりました。
これにより「民泊の全面解禁」の可能性が出てきた事になります。
解禁後の近隣住民への配慮的対策などの検討も大切になってくるのではないでしょうか?
空家に悩んでいるオーナーさんにとって、選択肢が増える事は望ましい事と感じます。

Processed with VSCO with c1 preset

ライフスタイルや家族構成の変化にあわせ、
住み替えを前提に、不動産を購入したいと思っている方は多いと思います。
多くの方は、新築の購入からスタートする住み替えプランを立てるのですが、
果たしてそれがベストなのでしょうか?
実は新築を買って中古市場で売却する場合と、
中古を買って中古として売却する場合を比較しますと
後者の方が値下がり率が抑えられ、
資金面から見ると、中古からのスタートの方が住み替えプランが、
スムーズに流れるケースが多いのです。
但し、中古物件は思わぬ補修が発生するケースもありますので、
建築士さんなど良きパートナーとの物件探しをお勧めします。

※スケルトン渡し物件

※スケルトン渡し物件

スケルトン渡し/居抜き物件
日常的に使うことのないこの言葉。
主にはテナント物件を探している際によく耳にするのですが、
ここで少し、スケルトン渡し/居抜き物件についてまとめてみました。
スケルトン渡しとは、店舗内の仕切り壁、厨房やトイレ、空調、
電気のコンセントなどの設備が全くない状態の事です。
既存の壁や床などの撤去作業が起きない分、コストを抑え、
自分の思い通りにレイアウトをすることが出来ます。
しかしその反面、一から設備を完備しなければなりませんから、
設備をそのまま買い取る居抜き物件よりは、
費用と営業開始までの日数がかかってしまうケースもあります。
例えば、お店の方向性にあった居抜き物件であれば、予算を抑える事が可能となりますが、
そうではない居抜き物件の場合、居抜き料と設備撤去費用【結局、一から作り直す為】が掛かってしまい、
予想外にコストが高くなるケースも考えられます。
どちらにしても、ケースバイケースとなりますので、
慎重に検討する事をお勧め致します。

※私の住んでおりますマンションも築42年。計画的なメンテナンスで十分住み継でいけそうです。

※私の住んでおりますマンションも築42年。計画的なメンテナンスで十分住み継でいけそうです。

建物の寿命=木造住宅27年、マンション【RC】37年。
国土交通省の資料に使われたり、
不動産の査定時に使われたりするこの数字。
実は単純に取り壊わされた住宅の平均築年数を表したもので、
驚くことに実態を反映させた数字ではないのです。
現実には、築40年・50年経過しても、
取り壊されていない建物も多く、
冒頭の数字は一般的な建物の寿命を表しているとは
到底言えない数字です。
また建物の寿命を延す技術は日々進歩しており、
適切な保守管理を行うことにより、
更に寿命が伸びることになりそうです。
今後、確実に訪れるストック型の社会に備え、
建物寿命のしっかりとした算出方法の整備が必要なのでは
ないでしょうか?

June, 24, 2016

電磁波

Processed with VSCO with g3 preset
本日、以前から気になっておりました電磁波について、
お話を伺いに筑紫野市に行って参りました。
お話ししてくださったのは、約15年ほど前から
電磁波問題に取り組んでこられた土田直樹さん。
今回、素敵なご縁を頂き、土田さんが電磁波について
どのように向き合い、また今後どのように取り組んでいかれるかなど、
実例やデータを参考に分かり易くお話頂きました。
携帯電話を直接耳につけて会話する行為は、
直接電子レンジに頭を入れているのと同じという事実に衝撃を受けたり、
毎日触るノートパソコンから出ている電磁波量に息を飲んだり、
実はIH調理器は安心という事を知ったりと、
無知な事の怖さを思い知らされました。
ブログでは書ききれない程、もっともっと多くの事を教えて頂きました。
しっかりと復習し、今後の活動に生かしていきたいと思います。

IMG_1341
皆さまご存知の通り、消費税10%への引き上げが、
平成31年10月に延期されました。
その事を受けて、不動産の購入をどうしようかと
迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
個人的には、前回の消費税引き上げのような駆け込み需要は、
起きないのではないかと思っております。
その要因としては、やはり販売価格。
近年の建築コスト上昇に連動した新築販売価格の上昇が予測されます。
しかし、肝心な購入層の所得が上昇していないのが現状で、
新築の購入に目が向かないのではないかと思われます。
では中古物件はどうかと考えますと、
まず、中古物件の取引自体は、消費税が掛からない為に、
消費税上昇の影響は受けません。
この要素だけでも中古物件の購入にシフトしていきそうですが、
それに加え、中古物件の方が圧倒的な供給数があり、
自分が住みたいエリアに見つかる可能性も高いのです。
更に近年の内装工事の技術の進歩は目覚ましく、
無理しない価格で購入し、ご自身のライフスタイルに合わせ内装をやり変える方向に
購入者の意思が向かうのではないかと思います。
何れにしても増税に伴う煽り広告に惑わされることなく、
冷静に方向性を決める事をお勧め致します。

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ