NEWVILLAGE & PROJECTS

December, 15, 2014

繰上返済

image
住宅ローンの負担を少しでも軽くする方法と言えば「繰上げ返済」があげられます。
この繰上げ返済、貯まった時にドンと返す方が有効と思われがちですが、実は、その逆なのです。
繰上げ返済を行うと元金部分に充当され、それに見合う利息がマルマル無くなる仕組みとなっております。
例えば、毎年100万円繰上返済したケースと3年後に300万円繰上返済したケースを
比較【3000万円、返済期間30年、金利3%の場合】してみると、
毎年100万円繰上返済した場合の節約利息は、133万円【1年後】+126万円【2年後】+119万円【3年後】の合計378万円となります。
一方、3年後に300万円繰上返済した場合は、332万円に留まり、なんとその差額46万円になります。
何故かと言いますと、毎月の返済額の内訳が、借入当初は利息割合が多く、返済が進むにつれ利息の割合が減って行き、元金の割合が増えて行く仕組みだからです。
よって、利息割合の多い早い時期に繰上返済を多くするほど、利息の節約効果は大きくなります。
繰上返済をご検討中の方、ご注意を!

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ