NEWVILLAGE & PROJECTS

June, 06, 2014

ザ・ガードマン

image
先日、娘【小学生】が夕食を作ることになり、
単なる付き人として一緒に食材購入に。
時間的に遅かったこともありスーパーで買物。
全てを済ませることも可能でしたが、行きがけ肉屋さんが開いているを確認。
鳥肉のみ肉屋さんで買うことに…
スーパーでは店員さんと一言も会話すること無く完了。
でも肉屋さんは勝手が違う、ショーケースに並んだ沢山の鳥肉を前に、
レシピを見ながら悩んだ末、量を伝える娘。
付き人の僕からみても多いかな…思っていると、
店主から「何作るの?」の声。
娘がメニューと人数を答えると、「そりゃ多いよ」と言いながら分量調整してくれた店主。
その後も何度と無く飛び交う会話を楽しむ娘。
大型店に押され、街から商店街が消えていく現代、子供が大人と言葉を交わす機会も奪っているのでは…
昔はこうして言葉を交わす事で顔見知りになり、それが子供の防犯にもつながっていた事を感じる。
商店街の存在、子供の安全が問われている今だからこそ必要なのかもしれない。

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ