NEWVILLAGE & PROJECTS

August, 12, 2016

地震保険の事

防災科学技術研究所作製「地震ハザードステーション」引用

防災科学技術研究所作製「地震ハザードステーション」引用

熊本での地震以降、地震保険についてのご質問を頂く機会が増えてきました。
そこで今回は、地震保険につきまして基本的な事を少しご説明したいと思います。
地震保険とは、位置付け的にあくまでも火災保険のオプション商品なります。
そのため地震保険単体での加入はできず、火災保険とセットで加入することが前提となります。
保険金額にも上限があり。具体的には、主契約である火災保険の保険金額の最大50%、
建物5,000万円、家財1,000万円が上限です。
補償の範囲は、地震による火災、津波などの場合に適用できます。
補償額の確定には、全損・半損・一部損の3段階の評価基準があり、
それに応じた割合で保険金が支払らわれる仕組みとなっております。
このように地震保険は火災保険に付帯させて、さらに補償の範囲を広くするという性質の商品となり、
火災保険とは違った支払条件が設定されているため、
これを正しく理解していないと、予想と違う保険金になってしまう恐れがありますのでご注意を!

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ