NEWVILLAGE & PROJECTS

January, 07, 2020

マンションは管理を買え

「マンションは管理を買え」
マンション購入ハウツー本でよく目にするフレーズ。

新築に比べ、値段も手ごろで選択肢も多いことから
中古マンションを検討されている方も多いと思います。
しかし“具体的に管理の何を見たらよいか分からない”のも事実。

今回少しでも参考になればと思い、
注意点を整理してみました。
これから中古マンション購入を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

マンションの見学時、どうしてもお部屋に目がいってしまいますが、
少しだけ共用部にも目を向けましょう。

1、清掃は行き届いているか?ゴミなど散らかってないか?
2、ポストまわりは整理整頓されているか?
3、掲示板の情報は更新されているか?何ヶ月も前の情報が貼ったままになっていないか。

この3点、基本的な事ですが、これだけでも住民さんの意識の高さや、
管理組合・管理会社の運営の質が見て取れます。

あとできれば、管理の実情も把握することをお勧めします。
具体的には
1、管理組合総会(年1回開催)の議事録
2、長期修繕計画
      
1は現在マンション内で起きている問題点、管理費や修繕費の滞納額などを把握できます。
2は未来の計画が把握できます、例えばこの資料で次の大規模修繕時に一時金100万が発生するなど記載されたりしております。

こうした議事録や長期修繕計画などの内部書類について、
実はマンション購入検討者に開示させることは義務付けられてなく、あくまで任意なのです。

残念ながら管理会社へ問合せてもなかなか開示されない事がほとんどなので、
相談している不動産仲介業者さんを通し、売主さんから情報を得られないかを
粘り強く聞いてみることも対策の一つです。

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ