NEWVILLAGE & PROJECTS

Exif_JPEG_PICTURE
昨日、新たなプロジェクトがまた一歩踏み出しました。
いよいよ土地契約に向けて、重要事項説明を実施。
通常、不動産購入は、土地の説明書的存在である重要事項の説明を受け、その後契約を交わす2つの流れとなる。
多くの取引で、この両段取りは同日に行われるケースが目立つ。
同日に両方こなす事自体、違法ではないのだが、個人的に違和感が…。
不動産取引は一生に一度あるかないかと言われる通り、非日常体験。
よって、説明を受けてもすぐの理解は困難と思われる。
そこに、説明終了続けて契約書に判を…という流れは、少々乱暴な気が…。
毎回の事ではあるが、今回も不動産業者さんにお願いを実施。
重要事項説明後、一週間あけて契約する流れを組む。
これで、その間じっくりと説明書を見返す時間を確保。
僕なりのリスクヘッジの一つです。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
先日、港地区のブリーザ・ドへ。
以前、仕事でこの地区を訪れた際、気になったcafe&barだ。
でっかい造船施設が目に入る場所に位置し、より海の近くを感じさせる立地。
中に入ると、いい意味でゆるい空間。
流れているブラジリアン音楽に海からの風も加わって、
ココが福岡市中央区という事を忘れさせるに十分なロッケーション。
店内で出される、無農薬・減農薬野菜を使用したブラジル料理も美味しく、
遠くまで足を運ぶこと無く、異国情緒を味わえる素敵なカフェでした。

写真
誰もが気になる建物の寿命。
国の指標をはじめ、色んな媒体を見ると木造:26年、RC【鉄筋コンクリート】:37年あたりを多く目にする。
また何となくその年数に差し掛かると そろそろ建替え という雰囲気が漂うのも事実。
そもそもコノ数字、何処からきているのだろう?と感じていたので、少し調べてみる事に…。
結果この寿命説、既に取り壊された住居の平均築年数から割り出された数字で、
築40年、50年経ってなお現役で使われている住宅は計算に入れられていないらしい。
つまり築40年、50年超の建物が世の中にたくさん存在している事を考えると、
本当の寿命を正確に表しているわけではないのです。
一般的にこの数字が浸透しており、まだまだ使える建物が壊されているケースが多いのではないでしょうか?

August, 25, 2014

祇園ビル

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
キャナルシティ近く、中洲川端商店街入口に位置するこの建物。
前を通るたびに気になっていたので、今回見学することに。
外観はかなりの傷み具合。
しかし、木製の縦長デザイン窓や各々設置したと思われる庇など 個性的でなかなかの風合。
薄暗い階段を上ると1階から最上階までの大きな吹き抜けとなっており、
明るさに配慮した建物となっている。
屋上部分は、住民でシェアしている空間の様で、現在の用途は洗濯物干しとなっているが、
使い方によっては魅力的な場所になりそうな雰囲気。
建物について少し調べてみる、名称:祇園ビル、店舗と住居からなる複合ビルで、
その竣工年なんと昭和25年、福岡で2番目に古いビルらしい…。
ただ、管理状態の悪さが影響したか 残念ながら住居部分のほとんどが空家状態となっている、
何とも もったいない建物でした。

image
年間返済比率30%〜35%
住宅ローン検討時、頻繁に出てくるこのワード。
年収に対する年間の返済額を基準化したもの。
多くの金融機関が30~35%に設定しているが、
コノ基準を少し考えてみる事に…。
家計の支出割合を見ると収入の20%近くが税金・社会保険料と言われる。
それに住宅ローン35%がプラスされると、残り45%が生活費となる。
住宅購入は教育費が目立たない時期、即ち子供が小さい時に検討するケースが多い。
よって購入当初はあまり気にならない。
しかし、将来必ず増えるのが教育費。
子供が中学・高校・大学と進むにつれ、住宅ローンが家計を圧迫してきます。
回避するには、5年、10年、20年…と先を見た計画が必要なのでは…。
ちなみに、多くの家計を分析したデータによると、返済比率は20%〜25%ぐらいが
安心のようです。

August, 20, 2014

店屋町ビル

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
以前、知人に聞いてどうしても見てみたかった建物。
福岡県で1番古い鉄筋コンクリート造【RC】と言われており、その竣工年 なんと昭和24年。
全国的に見ても戦後RC建築の最古級では…。
今でもテナント部分の1階はもちろん、2〜4階までも住居として使われている現役ビルなのだ。
外観は歴史の古さを感じさせるには十分な風格。
狭いトンネルのような通路を潜ったその先にある木製手すりが更に味わいを深くする.
個人的に住んでみたい衝動に駆られる物件。
屋上を洗濯干しスペースとして みんなでシェアしているところも魅力的。
今後、当然だが建物の劣化は進んで行く。
歴史的に見て貴重と思われる建物。
行政も含め、現役を続行させる為の仕組み作りの必要性を感じる。

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ

福岡市中央区西公園の中古マンション