NEWVILLAGE & PROJECTS

Exif_JPEG_PICTURE
現在、工事進行中の448プロジェクト。
工事は順調に進んでおります。
今日は天気も良く、窓から心地よい光がふわっと入り、
現場はとても気持ちよかったです。
工事がスムーズに進み、動きのある現場は、
お部屋の様子もどんどん変化していくので、
現場視察が楽しみです。

448プロジェクト
福岡市南区市崎1-2-8高宮マンション448

March, 17, 2015

麺之介

Exif_JPEG_PICTURE
ここ2日間、仕事の打合せで佐賀県鳥栖市へ。
お昼、久しぶりに とす麺之介へ行きました。
ここの麺がビジュアル、食感が共に個性的なのです。
まずビジュアルですが、半透明でところてんを思わせます。
次に食感は喉越しがつるんとした感じです。
この何とも不思議な感想となるうどんなのですが、
非常に美味しいです。
何でも麺は、温室を作り、粉などの管理を四六時中管理することで、
あの味を作り出しているとの事です。
気温が上がり暖かくなって行く気配が感じられる季節となりました。
今後、あのつるんとした喉越しに魅かれてお世話になる機会が増えそうです。

とす麺之介
佐賀県鳥栖市原町1272-1

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
大名第2公団住宅。
西鉄グランドホテル前、抜群の存在感を誇るこのビル。
もうすぐ登場して半世紀を迎える、築47年の現役賃貸マンションです。
先日、打合せ前に少し時間が空いたので見学に行ってきました。
見学後、事務所に戻り、色々と調べてみると、
住まい手のことを深く考えて造られていることに気付かされました。
例えば、このビル、バルコニーではなく、サンルームが設置されております。
これは全面道路の交通量を考慮し、
排気ガスから洗濯物を守る為だと考えられます。
次に建物の形、正面からはどっしりとした四角い箱ですが、上から見るとロの字型。
ココは場所柄、周辺に高いビルを建てる事が可能なエリア。
47年前は、今みたいにビルがひしめいている環境ではなかったと思いますが、
いずれ今の状態になる事を予測して、
全部屋が日当たりを確保出来るように考慮したのではないでしょうか。
同じ築年数でも廃墟状態の物件もあれば、このように流通する物件もある。
住まい手の事を考えて造る。
当たり前ですが、大切なことですね。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
東区箱崎の九州大学へ。
「終わりと始まり」の展示会へ行ってきました。
この展示は、伊都へ移転が決まった箱崎キャンパス内の
九大博物館第一分館倉庫にて行われております。
取り壊しが決まっている大きな倉庫には、設置から100年を超える色んな機械が、
その時を待つかの様に実に静かに鎮座しておりました。
僕には心なしか、住み慣れたここで、まだ活動したいとつぶやいている様に見えました。
色んな事情があっての移転とは分かりますが、
歴史ある物がいとも簡単にこの世から消されて行く様は、
気持ちのよい物ではありませんでした。
新しい物が全て悪いとは思いませんが、
変えないといけないモノと変えなくても良いモノとの
境界線の難しさを改めて感じました。
3/15までの開催となっております。
普段なかなか行く事の無い九州大学。
キャンパスの見学がてら出かけてみるのも楽しいと思います。

終わりと始まり
福岡市東区箱崎6-10-1九大博物館第一分館倉庫

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
昨日、クライアントUさんと物件見学へ。
テナント物件を探しているUさん。
今回、要望にほぼ一致する物件が見つかり昨日一緒に見学する運びとなりました。
物件は、大型商業施設キャナルシティーのすぐ近く、川沿いに建つ木造3階建てです。
外観の時点で2人ともテンションが高めでしたが、中に入るとそれがMAXになりました。
何と言っても、窓からの眺望が素敵で、水辺の鳥たちが泳ぐ姿を拝見する事が出来、
一日ボーっと過ごせそうな感じでした。
中をじっくりと見学し、物件を後に…。
テンションが上がったとはいえ、色んな条件【法的なからみ】などもありますので、
他の物件もあたって行く事になりました。
しかし、心に残る良い物件でした。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
ETOILE COFFEE。
3月7日に、中央区平尾にOPENしたカフェです。
個人的に工事中より気になっていたので、早速お伺いしてみました。
店内はさっぱりとした空間で、コーヒーをゆっくりと楽しめる環境です。
店主さんのコーヒートークは熱く、楽しく、時間を忘れさせます。
僕も思わず長居してしまいました。
平尾近辺では珍しく、深夜12時まで開いている事も嬉しい情報。
ちょっとそこのカフェで打ち合わせましょうか?と言う日も近い気がします。

ETOILE COFFEE
福岡市中央区平尾2-2-22

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ