NEWVILLAGE & PROJECTS

September, 24, 2014

UNDER SKIES OF HEAVEN

Exif_JPEG_PICTURE
先日行われた水墨画家である 浦正さんのライブドローイングを見てきました。
UQIYOさんの演奏に合わせ、滑るように描かれる水墨画。
会場の目が浦さんの筆に集中し、独特の緊張感。
完成した絵に込められた浦さんのメッセージを聴き、
更に絵の見え方が違ってくる体験をする事に。
その余韻を残しつつ、引き続き行われた映像/絵/音楽がミックスされた
UQIYOさんのライブも素晴らしかったです。
浦さんの展示会は春吉のTAGSTAさんで10/13日まで開催されています。
個人的には、絵はもちろんの事、それぞれの絵に込められたメッセージにも元気を頂きました。

TAGSTA
http://www.tagsta.in

September, 23, 2014

走るスーパーカー

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
先日、打合せで訪れた工務店さんへの駐車場。
打合せが終わり、外に出ると何だか賑わっている様子。
気になり近づいてみることに。
そこには、新鮮な魚に果物、野菜そして少しのお菓子が無造作に並べられ、
お年寄りの元気なやり取りが聞こえてくる。
車で移動販売している店主さん曰く。
町の小さなスーパーが無くなり、買い物に行けないお年寄りの為に、
あちこちの町に運んでいるとの事。
例えるならば、走る魚屋ならぬ走るスーパー。
来ている方ともお話しすると、一人暮らしの方が多数。
金額も市場から直接のようで、相場の半分。
しかも、魚などは、その場で さばくサービス付きだ。
商品サービスもさることながら、一人暮らしのお年寄りに、
コミュニケーションというサービスも届けている素敵な移動販売でした。

September, 20, 2014

あと40年待ち

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
福岡市南区の弥永団地。
完成から築45年を経過、今なお市営住宅として
47棟に3000人超が暮らす福岡市最大規模の現役住宅だ。
実は最近、この住宅が全面建替になることを知り、
今回見学に…。
建物は いたってシンプル、かえってそれが不変な感じを受ける。
各棟の間隔も広く、日当たりや通風に配慮された住環境が気持ちよい。
何度も塗り替えられたドアなど住民の歴史を物語るパーツも現存し、
中を見たわけではないが、このままでも良いのでは…というのが僕の感想。
再びあの雰囲気を観れるまであと40年。
長いですね。
ちなみにこの建替に要する費用、225億円です。

September, 17, 2014

ci.cafu

image

image
気になっていたci.cafuのアクセサリー展へ。
場所は、鳥飼のambleさん。
以前よりダイニングに置くちょっとしたモノを探しており、
今回足を運ぶことに。
中に入ると個人的に好きな真鍮製の品が色んな形でお出迎え。
目的のモノを選びつつ、それ以外にも目移り。
色々手にし、店主さんに聞きながら、気に入ったモノが見つかり無事購入。
ちなみにci,cafuとは、イタリア語で、ci=私たちに、cafu=果報 という意味らしい。
いい事起きたらいいな…。

amble
福岡市城南区鳥飼6.12.11

September, 15, 2014

新長浜ビル

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
先日、新長浜ビルの見学に…。
存在は知っていたが、住居エリアに入ったのは初めて。
このビル築年は昭和30年代、築50年以上を経てなお 新 が付くというビル名にまず魅かれる。
1階部分のテナントエリアと住居エリア【2階以上】で構成されるこの建物、
建物全体を上から見た時、ロの字型になっている特殊な形。
大きな吹き抜けの恩恵で、個性的なお店が並ぶ1階の通りに柔らかな光が差し込み、
ここがビル内部という事を忘れてしまいそうな雰囲気。
そんな素敵なテナントエリア同様、2階以上の住居エリアもエントランスに大きな窓があったり、
今では見られないパーツが随所にあるなど、なかなかの雰囲気。
しかし、残念ながらこの建物、建替えの方向性から 現在、新規入居者の募集は停止中とのこと…。
長い時間を掛け積み上がられた色んなモノが壊されると思うと、
なるべく今の入居者に頑張って住んで欲しいと思わずにいられない。

September, 13, 2014

小学生の社交場

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
先日、所用で駄菓子の卸業者さんへ。
古い民家を改造した倉庫の中に、所狭しと並べてある いや、積み上げてある懐かしい品々。
手にしてみると小さい頃の思い出が蘇り、自然と笑みがこぼれる。
しかし、駄菓子屋は少子化の影響、遊びの変化、コンビニの台頭などにより、
年々その数が減少、取り巻く状況は厳しいと声も…。
学校から家に帰ると一目散に駆けつけていた、
あの小学生の社交場的存であった駄菓子屋。
そこでは共通話題に年齢を問わず盛り上がれる、子供のコミュニティが
存在していたのではないかと思う。
公園に集まり各々ポータルゲームに熱中している姿を目にする度、
駄菓子屋の復活に期待してしまう。

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ

福岡市中央区西公園の中古マンション