NEWVILLAGE & PROJECTS

May, 17, 2014

立体空間に…

imageimage
現在進行中のHさま邸、本日、工事の進捗確認。
玄関ドアを開けると既に柱が建ち並び、ついに立体的な空間に変化。
各部屋の広さも、より具体的に掴め、工事が次の段階に進んだ事を実感。
最後に職人さんと来週のスケジュール確認を行い帰路に着く。
職人さんの「来週末にはもっと部屋らしくになってるよ」という言葉が
行きよりも帰りの時間を速く感じさせてくれました。
楽しみは増すばかり、気を抜かずしっかりとサポートしていきたいと思います。

image
本日現場で、Hさんご夫婦と一緒に、墨出しを元にした生活シュミレーションを実施。
ちなみに墨出しとは、 工事中に必要な線や位置などを床や壁などに表示する作業の事。
まだ何もない空間で約1月半後に始まる生活を意識しながら、
部屋の位置は勿論、廊下の幅、クローズゼット、キッチン、本棚、テーブルの位置などを一つ一つチェック。
図面には載っていない家具やオーディオの配置などにも話が及び、楽しい時間を共有。
さあ!いよいよ明日から壁が立上ります。
何度も打合せを重ねた図面が立体化されていく過程を、
僕も楽しみたいと思います。

image
デザイニング展が始り、初めての土日が終わりました。
福岡の方はもちろん、佐賀、遠くは群馬からたくさんの方々にお越し頂き、ありがとうございました。
途中混雑し、少ししかお話出来なかった皆様、この場を借りてお詫び申し上げます。
3日間を通して色んなお客様とお話しする機会を頂きました。
やはり居住スペースに対する要望は十人十色ですね。
まだまだやるべき事、考える事、チャレンジする事が山積みです。
今回の出会いを大切に次に進んで行きたいと思います。

平日、会場は開いておりますが、私は出たり入ったりの状態となります。
お電話頂けましたら、できる範囲で調整させて頂きたいと思います。
引き続き皆様のお越しをお待ちしております。

May, 09, 2014

New study

image
今回縁あって私の事務所をレンタルすることに。
レンタル先は、同じくデザイニング展に出展する平田椅子製作所さん。
展示準備が終わったとの連絡を受け、こっそり見学に。
もはやそこは、椅子工房ではないかと思わせる空間。
普段目にすることのない椅子作りの製作過程が丁寧に展示してあり、
今にも作業の音が聞こえてきそうな、リアルな感じがしました。
ぜひ、同じ建物内なので、こちらにもお立ち寄り下さい。

image
どんどん広くなる傾向の居住空間。
果たして本当に必要なのだろうか?
そんな疑問から始まった実験型プロジェクト「家族4人50平米に住む」。
実験スタートから丁度1年、
今回初めてデザイニング展に参加、自邸兼モデルハウスを公開。
物件探しから実際暮らしてみての色んな経験/感覚など…お伝えできたらと思います。
ご来場お待ちしております。

DESIGNING展【5月9日〜18日】
詳しくは、右上のフラッグをクリックしてください。

imageimageimage
鹿児島の郷土菓子「あくまき」
先日、実家から送ってきたモノ。
小さな頃から何気に食べていたプルンとしたゼリー状の不思議な物体、
僕の中で「鹿児島県民しか食べない団子」ぐらいの薄い知識しか持ち合わせていなかったので、
これを機に少し調べてみることに…
歴史は古く豊臣秀吉の朝鮮出兵に遡るとか、
その製造過程は、まずもち米を一晩灰汁に漬け込む、その後竹皮に包んで、
更に灰汁で約6時間煮込むという実に手間暇かけた一品。
灰汁を使う事で滅菌作用が発生、プラスして竹の皮で包むため抗菌作用も働き、
保存性バツグン、ミネラルたっぷりのアルカリ食品となる。
これにより当時戦地では、他軍が食料確保が上手くいかず体力的に苦戦する中、
薩摩軍だけがおなかを満たし元気だったとの事。
この様な背景から鹿児島では男の子が元気に育つようにと願いを込め、
端午の節句あたりに食べる習慣が生まれたらしい。
そんな事とも知らず、ただパクパク食べていた過去を反省しつつ、
少しだけ立ち止り調べるだけで、色んな発見があることを再認識しました。
手間暇かける事、大切ですね。

sketch

enjoy living in your own

© Newvillage & PROJECTS ALL RIGHTS RESERVED

ページの先頭へ